圃場のメンテナンス日和です。

 

このところ雨が続いていましたが、今日、文化の日は見事な快晴になりました。

来年のために圃場のメンテナンスをするために、こんな日を待っていました。

 

この真っ赤に燃える山をみてください。

雨が多かったので今年ははっきりとした紅葉は無いのかと思っていましたが、こんなに真っ赤に染まりました。

 

 

皆で、田んぼに有機肥料をまきます。

米ぬか・魚粉の発酵肥料を使った物で、動物性肥料は一切使っていません。

 

 

肥料をまいた後は、有機物の分解を促進させるために耕起します。

手間とコストがかかってしましますが、良い土作りが美味しいお米に繋がるため、さくらや農園では実施しています。

耕起後は6ヶ月間雪の下です。

 

 

田んぼの水路は、年中こんな感じです。

北魚沼の山々の一番絞りが流れ続けています。

山からの恵をたっぷりもらいながら、さくらや農園のお米は育っています。

 

 

作業後は、紅葉を眺めながら皆で昼食です。

北魚沼の旬米コシヒカリを使ったおにぎりが今日の昼食です。

今年は、この時期になっても蝶がいつも以上にたくさん飛んでいます。

オニヤンマは見かけなくなりましたが、小さいトンボはまだまだ飛んでいます。

 

 


 北魚沼の旬米コシヒカリ販売農家  

 

〒946-0063 

新潟県魚沼市中家1020番地

tel        025-792-8705

fax               025-792-8302

e-mail            agri@hirokamimura.jp

net shop           sakurayanouen.com

 

さくらや農園 代表

櫻井 悟

 

 

エコファーマー新潟県認定17459号 

エコファーマーとは、土作りを行いながら、農薬や化学肥料を減らした農業を行う計画を法律に基づいて知事が認定した農業者です。

 

魚沼ブランド推奨品

 

魚沼産コシヒカリに続く新たなブランドづくりへの期待や制度構成の要望から誕生した「魚沼ブランド推奨制度」。魚沼産の農産物、水産物、林産物、畜産物、加工品のほか、伝統文化や風土に根ざしたものを対象品目とし、それぞれの品目に定められた推奨基準以上の品質を持つものが「魚沼ブランド推奨品」として“旬米コシヒカリ”が認められました。

SOCIAL