さくらや農園、JGAP取得に挑戦します!

先日、みんなでJGAP指導員の講習を受けました。

JGAPとは、Japan Good Agricultural Practice(日本の 良い 農業の やり方)の略称で、食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証です。

 

これまでも農場管理者として「食の安全」「環境保全」「労働安全」確保を目的として管理してきましたが、明確な指標や履歴の重要性からJGAPを取得することにしました。

 

 

さらに、後継者への情報共有の観点から「アグリノート」(農作業記録ソフト)の使用を開始しました。日々の作業内容や農薬・肥料の使用履歴、圃場ごとの特性などを記録していくことにしました。

履歴を残すことで、トレーサビリティに対応することができるので来年度の出荷分から実施します。

 

良いお米を作る、良い農園でありたいものです。

 


 北魚沼の旬米コシヒカリ販売農家  

 

〒946-0063 

新潟県魚沼市中家1020番地

tel        025-792-8705

fax               025-792-8302

e-mail            agri@hirokamimura.jp

net shop           sakurayanouen.com

 

さくらや農園 代表

櫻井 悟

 

 

エコファーマー新潟県認定17459号 

エコファーマーとは、土作りを行いながら、農薬や化学肥料を減らした農業を行う計画を法律に基づいて知事が認定した農業者です。

 

魚沼ブランド推奨品

 

魚沼産コシヒカリに続く新たなブランドづくりへの期待や制度構成の要望から誕生した「魚沼ブランド推奨制度」。魚沼産の農産物、水産物、林産物、畜産物、加工品のほか、伝統文化や風土に根ざしたものを対象品目とし、それぞれの品目に定められた推奨基準以上の品質を持つものが「魚沼ブランド推奨品」として“旬米コシヒカリ”が認められました。

SOCIAL