田植えから3週間、田んぼはにぎやかになってます!

今日は、いつ雨が降ってもおかしくないような雲行きです。間違いなく夕方には雨ですね。

 

 

田植えから3週間たって、稲の茎の数が増えてきました。それと同じく畦(あぜ)や田んぼの中にいろんな生命が誕生しています。

 

 

 

 田んぼの水面では、あめんぼうがスイスイ泳ぐと言うより踊っていますね。田んぼの中には、サイズが違うおたまじゃくしが増えています。中干し(水を切ることにより生育を抑え、茎数を調整。)前には、足や手が生えてカエルになります。

 

 

カエルが増えるとへびも増えます。どうやら、畦(あぜ)に巣を作って暮らしているようです。私は、殺虫剤や殺菌剤を使用しませんし、低農薬で育成していますから増えるのも当然です。カエルは、害虫を食べてくれるので農家にとってはありがたいです。田んぼで食物連鎖が起きています。

 

 

田んぼの畦(あぜ)には、花がいろいろと咲いています。美しいなーと思いながら、増えてきたら草刈りしなきゃですね。一度放っておいたらどうなるか実験したことがありましたが、とんでもないことになりました。

 

珍しがって、近くの農家さんが田んぼを放っておくとこうなるという見本として見に来ていました。

 

 

今年は例年と比べて少雪でしたが、山の恵みの一番絞りは相変わらず元気です。

 


 北魚沼の旬米コシヒカリ販売農家  

 

〒946-0063 

新潟県魚沼市中家1020番地

tel        025-792-8705

fax               025-792-8302

e-mail            agri@hirokamimura.jp

net shop           sakurayanouen.com

 

さくらや農園 代表

櫻井 悟

 

 

エコファーマー新潟県認定17459号 

エコファーマーとは、土作りを行いながら、農薬や化学肥料を減らした農業を行う計画を法律に基づいて知事が認定した農業者です。

 

魚沼ブランド推奨品

 

魚沼産コシヒカリに続く新たなブランドづくりへの期待や制度構成の要望から誕生した「魚沼ブランド推奨制度」。魚沼産の農産物、水産物、林産物、畜産物、加工品のほか、伝統文化や風土に根ざしたものを対象品目とし、それぞれの品目に定められた推奨基準以上の品質を持つものが「魚沼ブランド推奨品」として“旬米コシヒカリ”が認められました。

SOCIAL