北魚沼の旬米コシヒカリについて──


販売店

 

  • 新潟伊勢丹 地下1階 食料品売場  〒950-0909 新潟県新潟市中央区八千代1丁目6-1 
  • 新潟三越 1階 食料品売場         〒951-8530 新潟県新潟市中央区西堀通五番町866
  • 恵比寿三越              〒150-6090 東京都渋谷区恵比寿4-20-7
  • 浦和伊勢丹              〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂1-15-1

 

 


北魚沼旬米コシヒカリ:平成30年産 検査データ


主な検査

 

2018 コシヒカリ玄米

カドミウム試験結果

 

2018

残留農薬250試験結果

 

2018 放射能測定結果

 

 

30年度産・食味品質評価について

 



主な認定

 

エコファーマー

有効期間認定証

 

魚沼ブランド推奨書

 

 

認定農業者認定証

 

 

有機JAS資材リスト登録証

 

 



年間の農作業の様子

 

4月

 

 

種籾の軽量・温湯消毒・浸種・催芽・播種・

発芽育苗プールに並べる

 

5月

 

 

畦塗り・田耕起・荒掻き2回・仕上げ掻き、田植え(坪あたり45株)、荒掻き、仕上げ掻き、田植え時に除草剤散布

 

6月

 

後半中干し

 

7月

 

 

溝切・畦草刈・水・水田管理(ニンニク唐辛子液・黒酢の散布)

 

8月

 

 

通常の水田管理(ニンニク唐辛子液・黒酢の散布)、畦草刈、水田管理、草刈り

 

9月

 

 

通常の水田管理(ニンニク唐辛子液・黒酢の散布)、

畦草刈、稲刈り開始

 

10月

 

籾乾燥・籾摺り作業等

 

11月

 

 

肥料(米ぬか・魚粉の発酵肥料)をまいた後、有機物の分解を促進させるために耕起

 

肥料・農薬・忌避剤について

 

肥料

  • 有機肥料主体(化学合成由来窒素10a/3〜4kg使用)
  • 有機肥料として、米ぬか・魚粉の発酵肥料(循環型農業に参加)

※主に有機肥料を使い、前年秋に散布します。肥料をまいた後は、有機物の分解を促進させるために耕起します。

 

農薬(減農薬)

  • 使用成分3成分/1回
  • 使用成分1成分(殺菌剤)/1回(ただし本田除草のみ)
  • 殺虫剤(状況により実施、ただし収穫90日前まで)

 

忌避剤

  • 玄米黒酢液

 



 北魚沼の旬米コシヒカリ販売農家  

 

〒946-0063 

新潟県魚沼市中家1020番地

tel        025-792-8705

fax               025-792-8302

e-mail            agri@hirokamimura.jp

net shop           sakurayanouen.com

 

さくらや農園 代表

櫻井 悟

 

 

エコファーマー新潟県認定17459号 

エコファーマーとは、土作りを行いながら、農薬や化学肥料を減らした農業を行う計画を法律に基づいて知事が認定した農業者です。

 

魚沼ブランド推奨品

 

魚沼産コシヒカリに続く新たなブランドづくりへの期待や制度構成の要望から誕生した「魚沼ブランド推奨制度」。魚沼産の農産物、水産物、林産物、畜産物、加工品のほか、伝統文化や風土に根ざしたものを対象品目とし、それぞれの品目に定められた推奨基準以上の品質を持つものが「魚沼ブランド推奨品」として“旬米コシヒカリ”が認められました。

SOCIAL