さくらや農園のこと──

 

新潟県北魚沼に生まれ(現在の魚沼市)、

 

サラリーマンとして仕事をしていましたが、45歳で脱サラして米専業農家として創業しました。

 

コメ農家をはじめてから、近隣の農家では後継者不足のため農地の耕作依頼を受け、

 

気が付いたら現在のような15ヘクタールの田んぼを管理、生産する農家になりました。(2017年現在)

 

 

 


 

 

屋号が「櫻屋」だったことからひらがなの“さくらや農園”としました。

 

北魚沼の里山が「さくらや農園」の田んぼです。

 

家の裏山には、うさぎもタヌキも熊、日本カモシカも暮らす自然豊かな圃場です。

 

冬は3メートルを超える積雪。春は、雪解け水のせせらぎ。

 

夏は、360度山に囲まれた盆地特有の暑さ。秋は紅葉の山々。

 

この環境が、おいしい“北魚沼 旬米コシヒカリ”を作っています。

 

 

 


 

 

魚沼産コシヒカリは、「おいしくて当たり前」そう言われています。

 

“北魚沼 旬米コシヒカリ”のおいしさは、20年20回の試行錯誤の結果です。

 

私のこだわりは、どんな圃場であれ均一においしいお米を作ること。

 

安心して食べていただくため、化学肥料を控え、

 

減農薬、有機農法にこだわり手間をかけ田んぼの手入れを行っています。

 

その一つが「黒酢」散布です。

 

黒酢には抗菌作用・エネルギー代謝・光合成の促進、虫よけの作用があり、お米の粘りや甘みが増します。

 

お客さまには、いつもおいしい“北魚沼 旬米コシヒカリ”を食べていただきたいと考えています。

 

 

 

 

 

 

“北魚沼の旬米コシヒカリ”農家 さくらや農園

 

 北魚沼の旬米コシヒカリ農家  

 

〒946-0063 

新潟県魚沼市中家1020番地

tel & fax             025-792-8705

e-mail            agri@hirokamimura.jp

net shop           sakurayanouen.com

 

さくらや農園 代表

櫻井 悟

 

 

エコファーマー新潟県認定17459号 

エコファーマーとは、土作りを行いながら、農薬や化学肥料を減らした農業を行う計画を法律に基づいて知事が認定した農業者です。

 

魚沼ブランド推奨品

 

魚沼産コシヒカリに続く新たなブランドづくりへの期待や制度構成の要望から誕生した「魚沼ブランド推奨制度」。魚沼産の農産物、水産物、林産物、畜産物、加工品のほか、伝統文化や風土に根ざしたものを対象品目とし、それぞれの品目に定められた推奨基準以上の品質を持つものが「魚沼ブランド推奨品」として“旬米コシヒカリ”が認められました。

SOCIAL